[伊検] 実用イタリア語検定試験 TOP > 検定対策コラム > 新しい言葉を覚えよう!!

検定対策コラム

新しい言葉を覚えよう!!

Le Ali 28号

 日本では毎年数々の新語が誕生していますが、イタリアでも同じように日々、新しい言葉が生まれています。最近では、ドローンという言葉が一般的に使用されるようになりました。イタリアではdroneはドローネと発音し、男性扱いで、複数形はdroniドローニと変化します。動詞を伴って使用する場合は、pilotare un drone「ドローンを操縦する」のように使います。代表的な伊伊辞典Zingarelliの2018年版からは、dronista「ドローン操縦者」という言葉も既に掲載されています。英語由来の単語を、自国で生まれた言葉のように取り入れるのは、イタリアの十八番ですね。

 SNS用語の普及も凄まじいスピードで広まっています。ご年配の方でも、「さっき、ラインにメッセージを送ったよ」などと日常的に使っている方は多いのではないでしょうか。イタリア語学習者のみなさんは、イタリア語でSNS用語を積極的に使いたいところですが、次々に新しい言葉が生まれ、そして、誕生する言葉が男性形なのか女性形なのかはっきりしないこともあって、言葉をどのように操っていいか分からないのではないことでしょう。例えば、FacebookやTwitter(イタリア語ではトゥイッテルと発音します)はZingarelliによると、男性形、無変化と記されています。しかし、中には女性形として使用している人も多く存在しているのも事実です。日本で多く普及しているラインは、イタリアではそれほど使用されていませんが、こちらは女性形として扱われているようです。これは、lineのイタリア語にあたるlineaが女性形のためだと考えられます。なお、イタリアでは、ラインと同じようなコミュニケーションツールとして、WhatsAppが好まれています。

 Instagramも男性形として使用していることが多く見られますが、やはり女性形としても使用しているようで、日本と同じく、Instaと略して使う人も中にはいるようです。Instagramをアプリケーションとして用いる場合は、applicazioneが女性形なので、女性形として使っているのかもしれません。ちなみにアプリにあたる言葉は、appで女性形の無変化扱い。Ho installato l’app.「私はアプリケーションをインストールした」のように使います。日本では、「インスタ映え」が2017年の流行語大賞に選ばれました。Instagramの派生語として、instagrammabileという言葉もネットでは見かけられます。これは「インスタグラムに投稿する価値のある」という意味の形容詞です。英語では「instagenic」がまさに「インスタ映え」にあたりますが、イタリア語ではこれにあたる単語はまだないようです。ただ、telegenico「テレビ映えする」やfotogenico「写真映えする」といった形容詞が存在するので、instagenicoというイタリア語が普及するのも時間の問題かもしれませんね!

イタリア語では本来、外来語は男性形扱いというルールがあります。しかし、emailのように英語由来にもかかわらず、女性形で扱われる単語があります。これは英語のmailにあたるイタリア語が、女性形のpostaになるためです。emailが日常的に使われるようになったときには、男性形か女性形かで議論が沸き起こりましたが、今では女性形として扱われることで定着しています。SNS以外の言葉も次々と新しい言葉が生まれています。サッカーのワールドカップでは、録画映像を用いて審判の判定を補助するビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)の導入が大きな話題となりました。イタリアではワールドカップよりも1年早くセリエAに導入され、その際にも、emailと同じようにこのVARが、果たして男性形なのか、女性形なのか、ということも議論されています。男性形か女性形かまだ確立はされていないものの、3分の2が男性形とみなして使用していることが、Accademia Crusca(イタリア語の純化を目標とするアカデミー)の調べで分かっています。まだ、依然として女性形として用いる人が多い理由は、VARとほぼ同じ意味として扱われている、moviolaが女性形だからのようです。

 実用イタリア語検定では、各級のレベルの目安として、例えば、準2級では「日常的な範囲の会話やテレビ・ラジオの内容を聞き取り、(中略)能力が要求される」と規定しています。このため、準2級以上の受験者の方々には、重要な時事用語も理解していることが求められます。テレビやニュースなどに目を配り、知らない単語が出てきたら、伊和辞典に掲載されていない単語でも、伊伊辞典やイタリア語のwikipediaを活用するなどして、語彙を増やす作業が必要となってきます。「そんな作業は面倒だなぁ」とぼやく方もいるかもしれませんが、インターネット、さらには辞書さえもない時代に語学を学んだ先人たちに比べれば、面倒くさいなどとは決して言ってられない作業です。

覚えておこう、時事・ネット用語
  polarizzazione sociale [女] 社会的分極化
  esternalizzazione [女] アウトソーシング
  energia rinnovabile [女] 再生可能エネルギー
  medicina rigenerativa [女] 再生医療
  cibo transgenico [男] 遺伝子組み換え食品
  ortoressia [女] オルトレキシア(体に良いと信じる物だけを食べようと
   執着すること)(*この単語は第47回2級の長文で出題されました)
  chattare [動] チャットする(チャッターレと発音)
  twittare [動] ツイートする
  ritwittare [動] リツイートする
  googlare [動] グーグルで検索する(グッグラーレと発音)
  instagrammare [動] インスタグラムに投稿する
  taggare [動] タグ付けする
  pubblicare [動] 投稿する、公表する
  screenshottare [動] スクリーンショットする