[伊検] 実用イタリア語検定試験 TOP > 受験案内

験案内

2023年春季第56回 実用イタリア語検定IBT 開催要項(暫定版)

※必ずトップページの最新情報もご確認ください。
※春季検定はオンラインIBT(Internet Based Testing)方式で実施することになります。IBT方式とは、パソコンで、自宅などから任意の時間に受験していただく方式です。
※これに伴い、春季検定の呼称は以下の通りとします。
  実用イタリア語検定IBT
  Prova di abilità linguistica (IBT)
実会場で実施する秋季検定については、呼称に変更はありません。
※春季検定の要項は印刷いたしません。こちらのホームページでのご案内のみとなります。
※今後システム開発を進めた結果、このページの記載内容を改訂する場合がありますので予めご了承ください。
※秋季検定は従来通り実会場で実施いたします。

オンラインIBT試験のメリット

■インターネットと端末の環境さえ整っていれば、世界中どこからでも受験していただけます。
■試験期間を1週間ほど設けていますので、ご都合の良い時間に受験できます。
■受験の直前まで申込受付期間を設けていますので、予定を組みやすくなっています。
■会場往復の時間と交通費の負担が無くなります。
■天候や感染症の影響をほとんど受けません。
■振動(隣の人の消しゴムや貧乏ゆすり)・雑音(室外の騒音、近くの人の溜息や鼻水など)・体に合わない空調の設定温度・音が聞こえづらい・・・などなど、不快な要因から解放されて試験に集中できます。

実施日程

未定(2023年3月中、1週間程度)

申込受付期間

「出願方法」のページをご覧ください。

実施級

準2級 / 3級 / 4級 / 5級
※試験期間内に複数の級をそれぞれ1回のみ受験可能です。重複申し込みされ、1つの級を2回以上受験された場合、試験結果はすべて無効となり、受験料の返金もできません。
1級と2級は秋季の実会場実施のみです。

受験資格

特に制限はありませんが、下記についてご了解ください。
■この検定公式HPに掲載されている諸注意事項についてご承諾いただいていること。
■問題画面に表示される日本語を理解できること。
■マウスやキーボードによる入力ができること。特に、準2級と3級を受験される方は、記述式問題(作文)が課されるため、キーボード入力に慣れている必要があります。
■過去に不正行為で受験資格を剥奪された方は受験できません。

必要な機材など

パソコン、および常時接続可能な良好なインターネット通信環境。ヘッドフォンないしスピーカーなどの音声再生装置。

スマートフォン、タブレット端末、ガラ携など、パソコン以外の端末では受験いただけません。これらをご利用いただいた際に受験できなかったり、不具合などが発生してもサポート対象外となります。

推奨動作環境

推奨する動作環境は以下の通りです。推奨動作環境を満たしていても端末によっては正常に動作しない場合がございます。ご了承ください。
なお、推奨環境はあくまで「推奨」であり、受験中の不具合が発生しないことを「保証」するものではございません。
ご利用端末の性能や他のアプリケーションや常駐ソフト等の影響により正常に動作しなかったり、フリーズ状態になる場合があります。
必ずお申し込み前に下記のデモ試験にて動作可能かご確認お願いします。

オペレーティングシステム:
  Windows : 8.1, 10, 11
ブラウザ:
  Windows : Microsoft Edge 最新版
  Google Chrome 最新版
  Microsoft Internet Explorer 11.x
JavaScript: 有効にしてください。
MacBookとiMacは推奨動作環境に含まれません。お申し込みは自己責任でお願いいたします。
モバイルWiFiやテザリングなどは通信速度が不安定な場合があるため、自己責任にてご利用ください。

※お申し込み前に、必ず下記の2つのデモ試験が正常に動作することをご確認下さい。(いずれも試験システムを開発・運営している会社が運用しているページです)

基本デモ試験

リスニングテスト
デモ試験


受験には、常時接続が可能なインターネット通信環境が必要です。ご利用にはご契約の回線に応じて別途パケット通信料がかかる場合がございます。予めご了承ください。
細かいイラストや長文を読みながらの回答となりますので、できるだけ14インチ以上のモニターをご利用されるよう、お薦めいたします。
パソコン以外の端末を使用したり、推奨動作環境以外の条件で受験されて不具合が発生した場合、サポートは受けられませんし、受験料の返金もできません。

インターネットへの十分な接続速度(WiFiなどの回線スピード)が安定して確保されていることをご確認ください。回線速度を測定できるサイトは数々ありますが、下記に代表的なサイトへのリンクを設けていますのでお試し下さい。回線速度は刻々と変化しています。DOWNLOAD/UPLOADとも安定して5Mbps以上であれば、ほぼ問題なく受験できると思われます。

回線スピードテストの例

推奨動作環境を満たしているにもかかわらず、試験中に不具合が確認された場合は、受験期間内に受験サポートセンターまでご相談ください。
※週末などは即座に対応することが不可能ですので、早めに受験願います。
※上記動作環境がご理解いただけない方、あるいは、パソコンや機械操作が苦手な方には今回の春季受験をお薦めいたしません。

合否基準

従来の実会場での試験と変わりありません。合計点に合否基準点が設けられるほか、リスニング、筆記の各分野でも一定の基準を越えている必要があります。3級と準2級については「選択回答式の筆記問題の点数に作文の点数が加算されたもの」に筆記分野の合格基準点が適用されます。
なお、択一問題は各問1点。作文の配点は20点です。

結果発表

4級と5級 : (未定)
3級と準2級 : 受験期間が終了して40日後頃。
いずれもマイページで確認していただけます。メールでお知らせすることはありません。
結果通知や正解表などは発行や郵送をいたしません。
なお、この日程は暫定的なものであり、今後変更される場合があります。発表予定日の最新情報はこのHPに掲載します。個別のお問い合わせには対応できません。

合格証明書

希望する方には(過去の結果に遡って)日伊両文による「合格証明書」を有料で発行します。詳しくは合格証明書の発行をご確認の上、氏名のローマ字表記やご住所などをお知らせ下さい。
「合格証明書」に記載される試験の呼称は「実用イタリア語検定IBT」及び"Prova di abilità linguistica (IBT)"となります。なお、実会場での試験で従来発行していた伊文の「合格認定証」は春季検定では発行いたしません。

受験票

受験票はありません。また、郵便などでお知らせなどをお送りすることはありません。

不正行為について

※ カンニングに類する不正行為は一切禁止します。不正行為の例としては(一部に過ぎませんが)以下のようなものが挙げられます:
 ・替え玉受験をする
 ・他人の助力を得て回答する
 ・他の参考サイトを見たり、翻訳ツールを使う
 ・辞書や参考書を見る
 ・ネットで回答やヒントを検索する
 ・第三者に問題を漏らす
 ・画面コピーを撮影したり内容を記録し、それらを公開したり第三者に渡す
これらに類する不正行為があった場合には、受験結果の取り消しに加え、今後一切受験をお断りします。
※ 不正行為は恥ずべきことです。不正して、合格して。それで嬉しいですか??? このオンライン試験は、受験者の皆様の良心を信じて実施するものですので、不正は厳に慎んでください。
※ 不正行為防止と問題(回答)の漏えい防止のため、受験中はブラウザーの機能の一部(コピー・ペーストなど)が制限されますのでご了解ください。